恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー

<   2005年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

「キミの好きなものでいいよ」

多くの男性は、結婚式のドレスを決める時に上記のようなセリフを言うらしい。

秋田美人も例にもれず・・・だった。
だが、TR3には「彼がこの世で一番大切な人だと思わせる」とある。
だったら彼の意見を聞かずしてドレスを決めるなんざぁ、言語道断!
しかしながら、多くの男性は女性の試着にえんえんと付き合うのを好まない人が多い。
そして、私たち女性も、彼の退屈そうな顔を見るくらいなら女性同士で行きたいと感じる人が多い。

何とかして、彼の退屈そうな顔を見ないで相手に参加してもらう方法はないものだろうか?

そんなわけで、正しいドレス選びの順序と、どのタイミングで彼に参加させるのが適当かを考えてみた。

1.カタログを見る
何しろ、女性の衣装は種類が多すぎる。最低限「このデザインは好き」とか「これはちょっと」
くらいの、目星はつけておこう。
この時、彼にもどんなドレスが好みなのかを聞いてみる。
秋田美人にも聞いてみたが、思ったよりも彼なりの考えがあったので、大変驚いた記憶がある。
(どうせ何も考えてないだろうと思っていたので・・・)
人によっては「キミの好きなもので」と言うかもしれないが、だったら放っておこう。
彼の意見を聞くチャンスは、他にもあるのだから。

ここで注意したいのは、彼があなたの好まない(しかも似合わなそうな)ドレスを「いいな」と言った時。
あなたが言うべき言葉は
「あらそう?」
だけ!!!
「私、こういうの好きじゃないの」とは、死んでも口にしてはならない。
その言葉は、彼の協力しようという姿勢をメッタ切りにするも同然ですからね。

2.ファースト試着
お母さんや既婚の友人など「似合う」「似合わない」をハッキリ言ってくれる人物を同行させよう。
彼を同行させる必要は(まだ)ない。
ここで注意したいのは、一人で行かないこと!
一人で行くと、ドレスが多すぎて、何を着ていいんだかわからなくなってしまうからだ。
もちろん、彼が選んでくれたドレスの中から(似合いそうなものだけを)も試着しよう。

3.最後の試着
希望のドレスを2~3点に絞っておく。
ここでは、彼についてきてもらおう。方法としては

「二人の結婚式だし、あなたの意見も聞きたいの」


とでも言えばよい。
注意点としては「どっちに転んでも、自分の好きなドレスだ」というくらいに絞ること。
そうすれば、彼が何を選んでも「これでよかった」となる。

最後に
「あなたの選んでくれたドレスにしてよかった。ありがとう!」
などと言えば、いっちょうあがり!

まとめ:彼に協力してもらうには、彼の得意な方法で参加してもらおう
[PR]
by 293renai | 2005-09-25 00:00 | 婚約の法則

新たなる敵が出たわけで

秋田美人が魔界に投獄されてから、どのくらいの月日が経っただろうか?

どちらにしても、あと一週間ちょっとで引っ越しだ。
「引っ越し」という単語が、これほど待ち遠しく、また美しいものに聞こえるなんて、今まで生きてきて初めてのことである。

ところで、魔界には最近新しい敵が出現した様子。
それは、ダニと呼ばれる生物だった。
肉眼で見えにくいし、人を刺すという時点で、ゴキブリより強敵であることは確かだった。
秋田美人も、彼らの攻撃に毎晩のように悩まされているので、見ていてかわいそうでならない。

私の悩みも、ダニの出現により、また増えてしまった。
「彼が使っていた布団をどうするか」
ということ。
選択としては3パターン考えられる。

1.捨てる
2.布団丸洗いに出す
3.そのまま使う

気分的には1を選択したかったが、私のではなく彼の布団だということで、本人に直接聞いてみた。
3だけは死んでも嫌だよ~~。
とはいえ
「ダニ・フレンドパークドになった布団は、捨てたいんだけど」
では、あまりにもダイレクトすぎて良くない。
試行錯誤の結果、以下のように切り出すことにした。

「布団は、1万円くらいで丸洗いができるらしいから安心ね♪」

秋田美人は、余計にお金がかかることを最も嫌いとする傾向があるのだ。
案の定
「ええっ、そんなにかかるの?だったら買った方が早いじゃん!」
という展開になり、新品を買うことに(笑)。

また、彼のご両親も
「汚染された布団は捨てなさい!」
と、新居を奇跡のサンクチュアリにするべく、協力する発言をしてくれた。
私ったら、何て恵まれた環境にいるんだろう・・・と、彼のご両親に心の中で拍手を送った。

まとめ:ダイレクトに言わない方が、男性を動かせるときがある
[PR]
by 293renai | 2005-09-22 00:00 | 魔界の報告
秋田美人が奇跡のサンクチュアリに遊びに来た翌日、玄関にゴキブリが発生した
ことがあった。
一度ならば偶然ですむが、二週連続となるとそうはいかない。
彼が何らかの形でヤツらを持ち込んでいるのか。
それとも、ゴキブリを靴で踏み殺した時、靴に残った残骸(?)で仲間が呼び寄せられているのか。
真実は闇の中だが、どちらにしてもあまり気持ちよくはない。

まぁ、原因を追究してもマイナス・スパイラルをぐるぐるするだけだ。
ここは、原因となる全てのものに正義の鉄槌を下すのが、サンクチュアリの使者としての
正しい在り方だろう。

というわけで、ゴキブリ待ち伏せ用スプレーを購入。
このスプレーは、ヤツらが通りそうなところに噴射しておくと、通った瞬間
「あ~れ~」
とばかりに死んでしまうという最強の武器!
自分の手を汚さずしてヤツらを仕留めたいという私にピッタリの製品である。

手始めに、玄関の隅っこにスプレーをする。
継続すること一週間。ゴキブリは全然出ない。
秋田美人が来ても全然出ない。待ち伏せは成功したようだ。

成功に気を良くした私は、何となく秋田美人をもっと助けてあげたくなった。
その日は彼がつぐみ家に泊まりに来ていて、入浴中であった。
玄関口にはカバンが置いてある。
「もし、このカバンにゴキブリが潜んでしまい、人前でヤツらが登場してしまったら・・・」
そうなったら、彼が大切な打ち合わせの時などに大恥をかいてしまう!

火種は、小さいうちに消す。

それは、古今東西変わらぬ悪者退治の法則である。
そんなわけで、彼のカバンにもスプレーをかけてみた。
我ながら完璧だと思ったが、これが悲劇の発端となった。

「あれ、何だかカバンが油っぽくない??」

お風呂から出た秋田美人は、つぐみ部屋にカバンを持って来てそう言った。
・・・・そう、待ち伏せスプレーは噴射した直後、その箇所が油っぽい感じになるのだ。
すっかり忘れてた!!

「ええっ、そういえばそうかも。どどど、どうしちゃったの??」

私は、慌てた振りをした。
お願いだから、どうか気づかないでくれ!と神に祈った。
しかし、秋田美人は「一体なんだろう?」といいながらカバンの匂いをかいでいる。
ヤバイ!彼は自宅で全く同じ製品を使ってゴキブリを殺しているのだ。
もう、バレるのは時間の問題のような気がしたが、私は、一生懸命ティッシュでカバンを拭いたりして
誠意(?)をアピールした。

「もしかして・・・」

ギクッ、バレたか?

「もしかして、俺の腕のアブラかな?」

ああ。
サンクチュアリの神よ、秋田美人は私にもったいないくらい素晴らしい人です。

***

しかし翌朝、彼が出て行った後、靴下が置いてあった。
私は「靴下、忘れてたよ」と彼に告げた。
そうしたら

「ああ、あれはわざと置いて行ったんだ。今後泊まった時、その方が便利だからね♪♪」

そう言われた。
ガーン!魔界の靴下をサンクチュアリに置くなんて!!
私は「そうだよね。また来てね♪」とだけ言って、力なく受話器を置いた(笑)。

靴下は、聖水で洗濯したので妖力はだいぶ消えている。
とはいえ「靴下=私がしたことに対する魔界からの復讐」のように思えた。
よく、男性をもてあそんでヤリ逃げならぬ食い逃げ(美味しいものやブランド物を投資だけしてもらい、自分は何も与えずに逃げること)している女性を見かけるが、そういうことは絶対にしては
いけないなぁと、道徳の教科書のようなことを考えた。

まとめ:男性をもてあそぶことなかれ!自分がしたことは、必ず自分に返ってくる。
[PR]
by 293renai | 2005-09-20 00:00 | 魔界の報告

小物は手作りなわけで

ドレスの試着が終わり、新郎の衣装も決定した。
いきなりですが、新郎の衣装はものすごく簡単だ。
もともと、男性は着る服に執着がない人が多いうえ、衣装自体も3~4パターンしかない。
よって、新婦は

「うわ~、あなたって何でも似合うねぇ♪」

と、おもちゃ屋のサルのように拍手をしながら「この衣装で、私のドレスは引き立つか?」
なんてことを考えていても、問題ないかもしれない(笑)。

それに対し、新婦は2時間で6~7着しか試着ができないので、事前にカタログ等で
チェックしたり、ブライダル関係の知り合いに「自分はどんなドレスが似合うか」
を聞いてみるといい。
既婚の友達の話もどんどん聞こう。
そうでもしないと、新婦の衣装は何十種類もあるので、いつまでたっても選べない。

さて、そうこうして二人のドレスは決まった。
しかし、ここで問題発生!
ドレスにお金をかけすぎて、小物代まで手が回らない(笑)。
プラン内の小物だと見た目がショボく、グレードアップさせると、それだけで
何万円もプラスされてしまう。
だけど、ティアラはつけたいなぁ~。

小物の件は一旦保留にして、ドレスショップを出た。
手作り小物の本でも見に行こうかという話になり、本屋へ直行。
そこで、おびただしい数のビーズ細工の本を発見!
値段も、通常の3分の1くらいで作れるらしい。
しかし、困ったことは私の手芸の腕だ。技術家庭も美術も、一度も5を取った
ことがない。(ボタン付けや繕い物は普通にできるけど)
そうしたら、秋田美人が

「俺が作ってあげるよ。技術家庭は5だし」

と仰せになられた。

その後、インターネットでビーズショップを見つけ、パーツを購入した。
ベールや手袋も、手芸屋で生地を買ってきたら作ってくれるとのこと。
神様、私に秋田美人をくださってありがとう!

まとめ:目標を先に決めれば、お金を安くすませる方法は無限にある
[PR]
by 293renai | 2005-09-19 00:00 | 婚約の法則
さて、ワタクシたちは魔界臭を指摘することなくバカップルを維持できた。
そうはいっても
「いつか、私から指摘しなきゃいけないんじゃないか?
そうしたら、彼を傷つけることになるんじゃないか?」
という思いは私の中に常にあり、たま~に悩んだこともある(笑)。
だが、その必要はなかった。

ある日、秋田美人がこんな話をしてきた。

「実家に帰ったら、お母さんに『クサイ!』って言われたんだよね」

そう、秋田美人のお母様(以下、秋田母)が、魔界臭を指摘したのだ!!
秋田母はものすごいキレイ好きで、いらないものは何でも捨ててしまうのだ。
そのせいか、秋田美人本邸は築20年にもかかわらず、築5年未満のような美しさを
保っている。

私は
「そうかい?うーん、猫とかの匂いじゃないの?」
と、とぼけた振りをした。
それ以来、私の口から魔界臭を指摘しやすくなったことは、言うまでもない(笑)。

秋田母に対しては、初めて会った時から好感は持っていた。
しかし今回、魔界臭を指摘した勇気に関しては、敬意さえ覚えた。
ありがとう、ありがとう!
ウルトラの母参上とは、まさにこのこと。
今すぐ秋田母に電話をかけてお礼を言い、その足で握手しに行きたい心境だった。
(アヤシイからしなかったけど)

もっと、秋田母と親しくなりたい。
秋田美人の実家で彼女とゆっくりお茶を飲んだり、東京の美味しいお店に連れて行って
あげたりしたいと、心の底から思った。

これからは、秋田母を「サンクチュアリの女王」と呼ぶことに決めた。
女王様、正義の鉄槌(神罰?)ありがとう!

まとめ:パートナーの欠点を言うのは、誰かが、別の形で教えてくれるまで待とう。
[PR]
by 293renai | 2005-09-18 00:00 | 魔界の報告
この日は、秋田美人と六本木で待ち合わせた。
彼の友人である恋愛家トニー氏、ベルボーイ2世君と合流し、食事をする予定だった。

「待ち合わせまでだいぶ時間があるから、ウィンドーショッピングをしよう」

という流れになったので、六本木ヒルズをフラフラした。
試着をしたくて死にそうになったが、最近服を買いすぎているので我慢した(笑)。

人気がなくなると、秋田美人が抱きついてきた。
「キャッ、やめてよも~♪」
ここまでは、単なるバカップルである。
しかし、風向きが変わった瞬間、二人の運命の向きも変わった!!

「ぐはあっ!」

なぜ、こんなところでも魔界臭が・・・。
私は普段、鼻呼吸を心がけているが、この時ばかりは口呼吸に切り替えた。
でも、そうすると魔界臭の成分がダイレクトに口の粘膜に入るから、かえって
健康に悪いかも(笑)。

魔界の事情を知っている私はまだいい(いや、良くないけど)。
問題は、彼のお友達×2である。
今は屋外にいるから、聖水で洗濯するわけにもいかない。
新しい服を買ってあげてもいいが、六本木ヒルズじゃ値段が高すぎる。
何より、今まで一度も服なんか買ってあげたことがないのに、急にそんなことを
したら怪しまれるに決まっている。
私が直接「魔界臭すごいんだけど」と指摘すればいいのだが、彼の妻でも
(現時点では)ないのに、それは干渉しすぎではなかろうか?

いろいろ考えているうちに
「魔界臭を指摘せずに、匂いを消したい」
という願望がわきあがってきた。
ついでに、匂いを消すことで二人の関係もより良くしたい。
とはいえ、そうするには本人に直接ファブリーズをスプレーするしかない。
直接ファブリーズを・・・

「そうだ、いいこと思いついたっ!」

その時、私たちがいた場所は香水売り場だった。

私は、香水売り場から適当なテスターの瓶を取り出した。

「この香水、どんな香りなのかな?秋田さんにつけて試してみようっと♪」

プシュー

スプレーすること約3回。
通常ならつけすぎであるが、魔界の妖力を消すためには、このくらい
つけないと無理だ。
分量は、首筋の後ろ×2、手首×1である。

「うわ~、いい香り。香水つけるといつもの秋田さんと違って何だかセクシーね♪」

私は、アメーバのように秋田美人にまとわりつき、彼の匂いを吸い込んだ。
妖力はキレイに消え、フルーティーな香りに満たされている。
彼は「おいおい、やめてくれよ~」といいながら、そんなに嫌ではなさそうだ。

「本当にセクシーね♪これからも、たまに香水つけていい?」
「え~、しょうがないなぁ(照)」

こうして、魔界臭がひどすぎる時は彼に香水をつけて妖力を消す許可を得た。
バカップルを維持したまま、魔界臭も無事消えた。
彼も、旧友2名の前で恥をかくことなく、無事に食事は済みました。
よかったなぁ~(^^)。

まとめ:困った時ほど、ユーモアを忘れずに
[PR]
by 293renai | 2005-09-17 00:00 | 魔界の報告
ついに、私にもウエディングドレスを試着する日がやってきた。
自分ではあまりドレスにはこだわらないと思っていたのだが、やはり試着は楽しみだ。

ドレス選びは、ともすると女性だけで勝手に決めることになりがちだ。
(男性って、見ているようでちゃんと見てない人もいるようだし)
あまり女性主導でやりすぎると、男性によっては「置き去りにされた」感じで
寂しくなる人もいるらしい。
そうならないよう、秋田美人には事前にカタログで好みを聞いておいた。

だったら最初から一緒に見ればいいじゃん!
と思われそうだが、この日は平日。(休日は混んでいて予約が取れなかった)
秋田美人も仕事が終わり次第向かうということなので、私は母と先に試着会場へ向かっていた。

試着も中盤にさしかかる頃、メールが到着。

「もしかしたら、来られないかもしれない」

・・・はっきりいって、この段階で信頼度ガタ落ちである。
費用のことなどで聞きたいこともあったので、何時頃来られるか電話で聞いたら
「何時になるかわからない」とのこと。
しかし、ここでガミガミ言ってはいけない(ような気がした)。

「あ、そう。大変そうだから、私は終わったら帰った方がいいよね♪
ドレスは、秋田さんが選んでくれたのが素敵だったから、それを仮押さえしておくね。
じゃ!」

と、明るく怒りながら(笑)電話を切った。
彼が終わるまで待ってて、食事して帰ってもよかったんだけど、母もおりましたから
二人で栗あんみつでも食べることにした。

条件に納得できなければ話をなかったことにする。

彼には申し訳ないけど、私がカチンとくる基準をわかってもらうために
必要なことだと瞬時に判断した。

電話を切って間もなく、彼がつぐみ家に来るという連絡があり、あっという間に仲直りができた。
それだけではない。
気に入ったドレスは、プランの値段+ン万円もするのだが
「一生に一度だから、そのくらいいいよ」
というお言葉をいただきました。ありがとう!

まとめ:カチンときても、すぐに怒らないで。思い通りにことを運ぶチャンス!
[PR]
by 293renai | 2005-09-15 00:00 | 婚約の法則
「Yシャツ、シワになったら大変だからハンガーに掛けておけば?」

私がそんなことを言ってしまったのが運のつきだった。
「そうか、ありがとう」といって、秋田美人はハンガーにシャツをかけてから
お風呂に入りにいった。

しばらくして、私は奇跡のサンクチュアリ(自分の部屋)に異変が起きていることに気づいた。
はっきりとはいえないが、部屋のにおいが何となく悪い。
こもったような感じかな?

案の定、犯人は秋田美人のシャツであった(笑)。
魔界臭が(注1)、シャツまでを蝕んでいるなんて・・・ショック!

よもや、魔界臭ただようシャツを、彼に着せるわけにもいくまい。
急遽、聖水で洗濯することにした。

【さらば魔界臭!聖水での洗濯方法】

1.普通に洗濯をする(手洗い、洗濯機どちらでも可)
2.聖水(※)ですすぐ
3.脱水して干す

※聖水とは、洗面器一杯の水かぬるま湯に、好みのアロマオイルを3~5滴
加えたもの。(古いものでもいい)私は、サイプレスをよく使います。

単なる部屋干しの匂いもとれるので、皆さんやってみてくださいね。

秋田美人が来るたびにこんなことばかりやっていたせいか、ある日、
彼からこんなメールをいただいた。

「フロ掃除が僕で、洗濯がキミという分担がいいのかもね(^^)」

いや、別に私は洗濯が好きというわけではない(笑)。
あなたを魔界臭から救い、サンクチュアリの平和を守りたかっただけなのよ。
確かに、自分の下着は(痛むから)自分で手洗いしてるけど・・・

こんなふうにして、同居後の家事分担は決まりそうだ。ガ~ン!

まとめ:やりたくない家事は、最初からやらないこと!

(注1)魔界ではベランダにもゴキブリが出るため、外に洗濯物が干せない。
部屋干しの匂い2、猫の香り8の割合でミックスされた不思議な匂い。
[PR]
by 293renai | 2005-09-14 00:00 | 魔界の報告
最近、秋田美人はつぐみ家に泊まることが増えた。

「キミの家に泊まった翌日は調子がいいよ」

と、度々言われる。
最初は、二人で眠るからかと思っていた。
だが、最近はそう思わなくなってきた。
単に、眠るときの体勢が、彼と私の家ではあまりに違いすぎるというだけ
なのかもしれない。

【秋田家】
最近は暑いので布団を敷かず、畳に寝転がって猫を布団のかわりに
腹の上に乗せて寝る(笑)。

【つぐみ家】
お客様がいらしているので、安眠用のアロマオイルを炊いている。
布団は数日前からきちんと干され、シーツやパジャマも洗濯済。

「あはははは!魔界に比べたらつぐみさんちは奇跡のサンクチュアリ
みたいなものだね♪」

友人に話したら、爆笑された(笑)。
「奇跡のサンクチュアリ」という単語。
これは、私を楽しく魔界へ立ち向かわせるにはじゅうぶんだった。

彼が魔界にとらわれているのもあと半月ほど。
「はぁ~魔界、嫌だなぁ」
と思いながら過ごすより、何とか面白おかしく過ごせないだろうか?

手始めに私は、部屋のドアのところに「奇跡のサンクチュアリ」というプレートをさげた。
これで形はOK!今度は精神編ですね。
「嫌だなぁ」と思って過ごさないように、私と秋田美人は以下のような状況設定にある!
と、強烈な自己暗示をかけることに決めた。

魔界生活に対して前向きに考えるため、私はこんなストーリーを考えた。

***

秋田美人も私も、奇跡のサンクチュアリで生まれた。
幼い頃から「聖域の使者」になるための教育をみっちり受け、家が近所だった
せいか、いつしか愛し合うようにもなった。

「幸せにするから、結婚しよう」

秋田美人からのプロポーズに、私が断る理由などなかった。

サンクチュアリでも婚約指輪は一粒ダイヤモンドがスタンダード。
しかし、私は
「ピンクダイヤの脇石がついているといいなぁ」
と、何気なく彼に告げた。

秋「よし!キミが望むならその通りにしよう」
つ「でも、秋田さんは一粒ダイヤをあげたいって言ってたじゃない?スポンサーの
考えは大切にしないと・・・」
秋「愛にスポンサーは関係ない。キミが喜ぶのが一番いいんだよ」

こうして、秋田美人は一粒ダイヤにピンクダイヤの脇石がついた指輪を探すことにした。
しかし、この年はピンクダイヤがあまり取れず、法外な値段がつけられていたので
秋田美人は、あることを思いついた。

自分が直接、鉱山まで取りに行けばよい。
それを業者に磨いてもらい、婚約指輪を作ればいいんだ!

秋田美人の苦労のお陰で、素晴らしい婚約指輪が完成した。
しかし、彼が足を踏み入れた鉱山は立ち入り禁止であった。
裁判の結果、彼は魔界へ追放されることに・・・全ては、愛と引き換えの出来事なのであった。

(空想終わり)

こんな空想をするくらいなら、彼に直接「あなたの部屋は魔界だ」と言う方が
いい気がする。
しかし、あの部屋を選んだのも家賃を払っているのも彼だ。
二人で決めたわけではないのに文句をいうことは、彼そのものを否定していることにつながる。
どう考えても私の言っていることが正しいと思うが(笑)それで二人の関係が
悪化したら身もフタもない。

ガミガミ言うより、私への愛ゆえに魔界に住んでいると思えば感謝の気持ちさえ
わいてくるというもの。
もうすぐ刑期も終わるしね。ふー、よかった。

まとめ:ガミガミいう前に、物事の長所を(無理にでも)考えよう
[PR]
by 293renai | 2005-09-11 00:00 | 魔界の報告
ちょっと前のトリビアの泉で
「出会い系サイトで女性に惚れさせるメールは?」
という議題をもとに、一流のコピーライターが何時間も会議するという
場面があったようだ。

その結果、

「電話していいですか。」

というものが、最も好ましいやり方であるという結果が出た。
メールという簡単なツールがある中、敢えて電話をすることに「一歩進んだ」
感じを受ける。
更に「いいですか?」でなく「いいですか。」と「。」で終わらせるところに
意志の強さを感じるらしい(笑)。

ここからは私の感想ですね。

非常に正しいと思う。
しかし、これはメール上で「悪くない」程度の好感を、女性が持っている必要がある。
写真がものすごいナルシストっぽいものだったりすると良くない。
(眉に力を精一杯入れ、斜め45度方向を向いているetc)
かといって、手を抜きすぎも良くない。(バックに洗濯物が写っているetc)

また、メールの文章そのものにも気を遣う必要がある

「こんにちは(^^)
まだまだ(^0^)残暑が(^_^)v厳しいですね(^^;)」

みたいに、会ってもいないのに顔文字を乱用しすぎるのも良くない。
マジメな女性であるほど「ナンじゃこの馴れ馴れしい男性は!?」と、たちまち
警戒心という壁を一面に張り巡らせるだろう。

@写真は適度に気を遣う
@顔文字を乱用しない

以上の2点を守ることで、スタンダードな男性を演出できる。
スタンダードになればなるほど彼女の警戒心は解かれ「電話くらいいいや」と
なるのである。

メモまで取って情報提供をして下さったYさん、ありがとう!

まとめ:関係を進めようという態度が、女性を惚れさせる(こともある)
[PR]
by 293renai | 2005-09-10 00:00 | 恋愛の法則