恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

懲りずにデートなわけで

プログラマーからは、相変わらず日記のようなメールが来る。
「今日は残業でした」というような。
気に入っていただいてるのはありがたいんだけど、これはタイミングを見てさよならしないと悪いや。

さて、今日も初対面デートでした。
相手は29歳、関西から転職してこちらに来たようだ。
というわけで、彼はゼンゼン店を知らないので、適当なところに私が案内した。
でも、お会計は持ってくれたぞ~よし!ピンピロリロリーン(彼に対する信頼度が上がった効果音・笑)
食事をした後、お茶を飲みながら世間話をした。彼の職場でクワガタを飼育していて、エサをあげるのが日課となっていることや、以前保険関係の仕事をしていたことなど。あらー気が合うわね、私も保険の営業やってたのよ。
・・・思いがけず、保険の話で盛り上がってしまった。(爆)
そうして2時間が過ぎたので、私からお開きにした。
お盆はお互い帰省したりするので、お盆明けにまた会おうということになった。

彼の印象をまとめてみよう。
人が良さそうだが、いざというときの生命力は強そうだ。でも、ちょっとお金にシビアかな。ケチか倹約家か、もう少し観察する余地がありそう。
人相も、福耳で、耳が後ろの方にはりつくようになっているので、独立型だろう。
決してハンサムとは言えないが、コツコツ一千万をためて、定期預金に預けるタイプだ。率先してクワガタにエサをやり、死んだらきちんと埋葬してあげているあたり、小動物に対する優しさはありそうだ。
彼があまり私の目を見ず、自己PRに一生懸命だったところは好感が持てた。
なぜかって?
男性は、自分より魅力がある人間、手に入れたいと思った人間の目を堂々と見ることができないんだって。下心がバレるけんね。
というわけで

まとめ:ボソボソしゃべるつまらない男性の中に、宝石がひそんでいるかもね
[PR]
# by 293renai | 2003-08-08 00:00 | 出会い活動

昨日の回想なわけで

昨日のプログラマーはすごかった。
二回目のデートで水泳に誘われるなんて、もう二度とないだろう。
友人としてつなげておくという作戦もあるが、あまりに哀れでそれはできないよ。
このプロジェクトのモットーの一つに「誠実に」があるからねぇ。
それより何より、これは男心をもてあそぶものじゃなく、恋愛のマーケティング調査の実践版なんだから。

彼から「来週どう?」というメールが来た。
でもごめん、来週どころかずっとダメなの。こうなったら最後の手段!
「時間ができたらこっちから連絡します」とメールを送った。

女性の方から「連絡するね」というのは要するに「お前からは連絡してくるな」ってこと。

連絡してほしい場合は
男「また連絡するよ」
女「嬉しい!楽しみに待ってるね」
という会話が成り立ちますから。

数分後、返信が来た。
「ありがとう。次の週は仕事だから、調整してもらえると嬉しい」
という感じの文。
ああ、やっぱりわかってくれないのね・・・。

まとめ:微妙な乙女心を言わずしてわかってもらおうなんざぁ、愚かなことである
[PR]
# by 293renai | 2003-08-07 00:00 | 出会い活動
前回の記事で
「保険会社の振りをして職場に電話をした」
と述べた。
参考までに、具体的にどうやったのか書いてみよう。

用意するもの
@彼の職場の電話番号(名刺などをもらっておくとベスト)
@嘘をつく度胸

まず、彼の職場の番号をダイヤル(古いよ)します。

【彼が不在の場合】

私「お世話になっております。〇〇生命保険の××と申します」
相手「あ、どうもお世話さまです」
私「お忙しいところ恐れ入りますが、△△様(彼の名前)はいらっしゃいますか?」
相手「△△は外出しておりますが」
私「かしこまりました。では、また折り返します、失礼致します」

このパターンでは「彼は確実にその会社で働いている」という事実は
確認できる。

【彼が会社にいた場合】

私「お世話になっております。〇〇生命保険の××と申します」
相手「あ、どうもお世話さまです」
私「お忙しいところ恐れ入りますが、△△様(彼の名前)はいらっしゃいますか?」
相手「少々お待ちください」

~やさしい保留音が流れる~

彼「はい、お電話変わりました」
私「〇〇生命の××と申します。お世話になっております」
彼「あ、どうも」
私「只今、お客様にピッタリの保険の資料をお送りして、
抽選で□□が当たるキャンペーンを行っております。
△△様にも、是非ご覧になっていただきたいと思っています。
より、正確な資料をお送りしたいので、△△様のお名前と、
生年月日を教えていただけますか?」
彼「19××年〇月△日」
私「奥様とお子様のお名前、生年月日もよろしいですか?」

情報を全て聞いたら
「ありがとうございます。近日中に資料をお送りしますね」
といって切る。もちろん送らなくて良い(笑)。

この場合、途中で切られてしまうこともある。
また、声色をうまく使わないとバレてしまうおそれもある。
だが、成功すれば、彼の家族情報(既婚であることを隠しているか否か)と
生年月日(相性や性格を判断するために知っておくと便利)の情報を
得ることができる。

私は、ナンパ等で出会って付き合うのもありだと思っている。
しかし、付き合う前に彼の身元を少しでも詳しく知っておくことをすすめたい。

まとめ:どんな出会いにも危険はある。できるだけ回避するようにしよう
[PR]
# by 293renai | 2003-08-05 00:00 | 出会い活動
「悪い人じゃないんだけど、生理的に受け付けないの」
こういう相談を、たまにされることがある。
何ぜいたく言っとるんじゃい、このボケがぁ!
と、私は今まで思っていた。
しかし、今日その気持ちを体感することになる。

出会い系サイトの育成は順調で、一人と会うことになった。
彼は、30歳のプログラマー。
写真の交換を済ませたが、あまりタイプではない。
メールの段階で、本名や最寄駅なんか聞いてきたので、少々しつこい印象を持った。
でも、会ってみないとわからないからね。

気合を入れて待ち合わせ場所に行くと、10分遅れて彼が来た。

どわっ・・・

目の下にクマがある。
だが、そのくらいでうろたえては彼に失礼。笑顔よ、つぐみさん。
私は、必死で自分に励ましのお手紙を書いた。
対面しながら、人相をじっくり観察した。そう、私は人相占いが大好きなのである。
うーむ、アゴが細い。病弱なのかしら?
・・・・確かに、会話をしながら咳をしていたし、最初のデートは発熱のためドタキャンだった。
額はあまり広くない。ってことは、比較的ケチ?
・・・・会計は、なんと割り勘にされてしまった!
おいおい、私は君より貧乏で6歳下なんだよー。しかも、デートの前に金を使っているんだよー。ファッション、メイク、交通費、パックと脚のマッサージオイル・・・などなどっ。

割り勘ごときでゴタゴタ思うなんて、私が彼に好意を抱いてない証拠だ。

極めつけは、会話である。
「夏に、プールに行ったりする?」という議題で、我々はセッションを交わしていた。私が、友人と大勢で行くことはあると答えたら
「じゃあ、次はプールに行こうよ!」
だって。私は、鼻から焼きそばを出しそうになった。
何で彼氏でもない人のために、水着着なきゃいけないの?
出会い系サイトの初デートってのは、本人が地球人であることを確認するものに過ぎないというのに。

幸か不幸か、彼は私のことを気に入ってくれたようで「これからもいろいろなところへ行こうね」と言ってくれた。握手もして別れた。しかし、もう会うことはないだろうと私は思った。
手が、あまり気持ちよくない。

多分、彼は自分に対する評価が高く、女性と付き合ったことがないんだと思う。
せめて彼が同い年の学生だったらそれでもいい。むしろ、これから私色に染めてあげるわ。うふふ♪なんて考えるだろう。
でも、10年社会人やっててそれじゃあ・・・。

まとめ:生理的に受け付けないのは顔じゃない、君の態度だったんだね。
[PR]
# by 293renai | 2003-08-05 00:00
メールは、選別した殿方たちと交換中なので、今しばらくお待ちください。

今日は、ナンパで知りあったトルコ人と初デート。
ルックスは、今まで会った中でピカイチ。多少毛深いが、胸板あたりが鍛えられていてよろしい。
職業は、某英会話学校の先生だそうな。
保険会社の振りをして職場に電話し、働いていることも確認したから、これは真実だろう。

表参道で待ち合わせて、食事へ行く。
イケメンのウェイターがメニューを持ってきてくれた。
「えーと、シーザーサラダ作れる?」
トルコ人は、メニューも見ないで注文を始めた。
「はっ、多少お時間はかかりますが」
「そうか、じゃあチーズの盛り合わせ作れる?」
「はっ、多少お時間はかかりますが」
こんな感じで、彼は、達者な日本語でメニューにないものをジャンジャン頼みまくった。
迷惑千万な客である。

ところで、このトルコ人、35歳くらいだと思っていたら27だった!
なんだ、私とあんまり変わらないじゃん。(免許を見せてくれた)
しかも、18で結婚したので現在バツイチとのこと。子供なし。
外国人は進んでいるのかしらね・・・。

そうこうするうちに、メニューにない食事が運ばれてきた。
頼んでから、永遠のように長い時間が経っていたので、あっという間に平らげた。
時計を見ると、もう22時。初デートで長居は禁物だから、もう帰らないと。
「そろそろ・・・」と言ったら、「え?これから踊りに行こうと思ってたのに」
と、引き止められる。
踊りに行くなんて映画みたいで心惹かれる。
しかし、目先のロマンスより長期の安定を優先させなくてはならない。
それが、いい男性を掴む近道である。

「今日はすごく楽しかった。でも明日すごく早いし、また次回ね♪」
とにこやかに去ろうとしたら
「君は職場が近いからいいじゃん。そんなに楽しかったなら、もっと(僕との時間を)大事にしてよ」
だって。
なぬー、そんなに会いたければ、次回のデートに誘いたまへ。

デカイ子供のようにゴネる彼をなだめた後、電車に乗った。
このトルコ人、わがまま過ぎて奥さんに愛想をつかされたのかもしれない・・・なんて考えちゃいました。

まとめ:初回デートのお開きは、自分主体で決めよう
[PR]
# by 293renai | 2003-08-04 00:00
男性と出会う方法を、いくつか挙げてみよう。
出会うという言葉は「デートにこぎつける」と定義してみよう。
そうすると、方法は4つ。

1.合コンをやりまくる
2.出会いのツールを使う(パーティ、安全な出会い系サイト)
3.男性の多い会社に転職する
4.友人に紹介してもらう

私としては、2が一番手っ取り早いと思う。
1はコストがかかりすぎる。
男性と、デートにこぎつけられるかわからないのに、数千円も払いたくない。
3はリスクが高すぎるし、4は今の私の立場では不可能だ。
(4がダメな理由は、おいおい書きます)

そんなわけで、安全な出会い系サイトに登録してみた。
写真とプロフィールを載せ、自己紹介文を書いてみる。

「美味しく食事ができて、一緒にいて楽しい気分になれる男性を募集しています。
タバコ、ギャンブルをなさらない方でしたら、尚嬉しいです」

ありきたりな文章だが、きちんと理由がある。
「美味しく食事ができて、楽しい気分になれる」というのは、お互いに
与え合おうという気持ちがないと絶対できない。
どんな高級料亭でも、下心むんむんの男と行ったら、味がわからなくなりそうだ。
タバコと賭け事については、私がやらないんで、相手もしないでほしいというだけ。

今日はここまでにして、あとは寝ることにしよう。
大丈夫。メールはそのうち来るに違いない。

まとめ:果報は寝て待て。男からのメールも寝て待て
[PR]
# by 293renai | 2003-08-03 00:00 | 出会い活動
「じゃあ、つぐみさんご自身も豊富な恋愛経験がおありなんですね」

恋愛相談の回答をやっているというと、10人中6人以上が述べるコメントだ。
はっきりいって、私は経験などほとんどない。
20年以上生きているのに、お付き合いした異性は片手で足りてしまう。
でも、気にしない気にしない。
カウンセラーに必要なものは経験ではなく、一人の相手とじっくり付き合うことと、クライアントの幸せを願う心だと信じているから。

そう、あの時までは・・・

先日、ある合コンセッティングサービス会社の方に「男性のためのマニュアルを書いてくれないか」と、言われた。

・・・・・・・ネタがない。

なぜなら、私は大学・社会人と合わせて4回くらいしか合コンに参加したことがなかったからだ。
どんな男性が困るのか、全くもってわからない。
一応、コラムを2本書いたのだがそれだけで力尽きた。
もしかしたら、私は恋愛相談員としてはまだまだ井の中の蛙だったのではなかろうか?

こうして私は、回答の質を上げるために、様々な男性と出会う機会をジャカジャカ作ろうと決意した。
恋愛における理論は、もう十分すぎるほど詰め込んだ。あとは実践あるのみ!
今、24歳。今年が、若さだけで何とかなる最後の年といってもいい。結婚したらできないしね。
やってやるぞー!
こうして、私の女としての旬をかけたマーケティング・リサーチが始まった。

まとめ:少ない情報で相手の人となりがわかるよう、野生の勘を磨こう!
[PR]
# by 293renai | 2003-08-02 00:00 | 出会い活動

自己紹介なわけで

皆さん、初めまして!

私は恋愛コンサルタントという仕事をしています。
相方の秋田俊介と二人でつぐみ恋愛相談所というベタな名前の相談所を運営しています。
皆さん(特に女性)の幸せをお手伝いするために、ジーッと考えたりすることが、主な仕事です。

この日記では、相方と出会って相談所設立までの紆余曲折を、ドラマっぽく書いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします!
[PR]
# by 293renai | 2003-08-01 00:00