人気ブログランキング |

恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

料理は当たり前なわけで

初期のデートで、わりとよく聞かれる質問がある。それは

「料理とか、するんですか?」

だ。実は、私も秋田美人とのデートの時に聞かれた。
歯っきりいって、実家暮らしで母と同居している女性は、あまり料理をしない人が多いと思う。
しかし、ここは敢えて



「はい。します」
とか
「休みの日はすることがありますよ」
など「しない」以外の回答をすることを勧めたい。

なぜか。

お見合いなどの、出会い系ツールで知り合った場合は、男性だって女性に条件を求めていることがあるからだ。
何となく「料理をする=自分のことが自分でできていい女」というイメージがもたれやすいそうだ。
最初の数回のデートは、とにかく足切りにかからないことが大切だ。
心配いらない。TRに従ってゆっくりペースで付き合っていれば、そうしょっちゅう彼に料理を作ることもあるまい。
(もちろん、結婚してからはジャンジャン作りましょう)

ちなみに私は秋田美人に聞かれたとき
「します」
と答え、得意料理を聞かれたら「肉じゃが」と答えていた。
当時の私は料理など習っておらず、煮物はとにかく「にんべん つゆの素」で煮ていたので、毎回ひどい味だったのだが(笑)。

どうしても作らねばならない状態になったら、料理教室の1日コースなどで勉強し、習ったものを3回復習してから作ってあげればよい。
いざ、結婚することになったり、料理の腕に危機を感じた時は、きちんと習いにいくことをお勧めしますが。

まとめ:出会いの初期は、マイナス発言は慎もう
by 293renai | 2006-07-16 00:00 | 恋愛の法則