恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

秋田美人が送る、遠距離恋愛のポイント

こんにちわ。秋田俊介です。

本日は、遠距離恋愛のポイントについて述べたいと思います。

・・・・・・・・・・

「遠距離恋愛」っていうのは、手軽に「会いに行こう!」と思えないくらい二人が離れている恋愛状態を指します。

人によって、東京と福島くらいを遠距離恋愛という人もいますし、上野と八王子くらいでもいう場合があります。

・・・・・・・・・・

あなたと彼が遠距離恋愛である場合には、どうすればいいのでしょうか?



・・・・・・・・・・

恋愛コンサルタントの経験からいいますと、遠距離恋愛はできればやめて、なるべく早く近いところに住めるよう努力する、ことをおススメします。

遠距離恋愛を行っているカップルの多くが、最後はいい結果を生まないからです。

理由1)会いたいときに会えない
・・・当然ですが、これが一番さびしいところですよね。

理由2)お互いに一人の習慣ができてしまい、二人で会うほうが疲れるようになる
・・・これもよくあります。お互いに一人で過ごす時間が増えると、それが当たり前になって、二人で会うときのほうが違和感があることが多くなります。

理由3)誘惑の可能性が高い
・・・これもよくありますね。彼氏を一人にしておくわけですから、彼氏も何をしているのかわかりません。気がつくと、ナイショでデートしたりしているわけです。管理がきかないというのは、けっこう危険です。彼を信用していても、彼は誘惑に負けることはあります。

・・・・・・・・・・

ここで秋田美人の過去について触れねばなりません。

実は、僕も現在の嫁さんとは、約1年半、遠距離恋愛でした。

「自分も遠距離恋愛しておきながら、人にはやめろというのはひどい!」

という声も聞こえてきそうですね(こないか・・・笑)。

・・・ということで、お詫びに、うまくいく方法をお教えしましょう!

・・・・・・・・・・

その1)連絡はマメにとる
・・・ここはほとんど男の責任ですので、あなたと彼が遠距離恋愛に突入せねばならないときには、彼に条件として必ず守らせましょう。

要するに、毎日、1回は必ず連絡を入れるというものです。メールでも何でもいいですが、できたら電話がいいでしょう。

秋田美人の場合は、ほとんど毎日メールか電話をしていました(毎日1時間話すとか・・・いま考えれば、よくやったよね)。電話はウィルコム定額制を利用しました。

こうすれば、実は遠距離を克服できます。近いところに住んでいても、毎日連絡しているカップルは少ないですからね。

その2)お互いのスケジュールは厳重に管理しあう
・・・お互いのスケジュール。とくに異性との飲み会は厳重に管理します。何時にスタートして何時に終わったか、きちんと一人で帰ったかなどです。

「家に帰ったら電話して」

という約束をするのが、ポイント。

彼が女の子を横において、1時間電話することなど、ほとんど不可能だからです。

その3)月に3回は必ず会う
・・・やっぱり月に3回は会いたいところです。

月に2回だと15日に1回。これでは、付き合っているとはいいがたい。隙も生まれるし、浮気も危険です。

月に3回会えば、けっこう距離をカバーできます。10日くらいだとすぐに経ちますし、我慢の限界以内で収まるからです。

当然、祝日などは積極的に利用し、連休はずーっと一緒に過ごしましょう(途中は、少しぐらいは別々になってもOKですけどね・・・)。

・・・・・・・・・・

たいへんなところ)

以上をやれば、遠距離恋愛でも遠距離以上の成果を得られることは保証できます。

しかし、とても神経がいるし、お金もかかります。

ですので、もう一度、「本当に付き合いたい人か?」「いずれ結婚したい人か?」を深く考えてみるといいでしょうね。

大学でも、通信教育は挫折率が高いといいます。

恋愛でも同じ。

普通の、「近」距離恋愛以上に、根性がいるのは、想像ができるでしょう?

以上が難しい場合は、何とか工夫してやるしかないでしょう。

・・・・・・・・・・

いろいろ困難はありましたが、秋田美人も結婚して、たいへん幸せになりましたし、むしろ遠距離恋愛でよかったとも思っています。

凝縮して短い時間に会いますから、お互いのいいところしか見ませんからね(ウソで塗り固められた恋愛・・・笑)。

たいへんかもしれませんが、くじけずに、がんばってください!
[PR]
by 293renai | 2006-12-01 12:46 | 秋田美人の文章