恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2003年 08月 17日 ( 1 )

8月8日にデートをしたクワガタを愛する男性にメールを返信したら、すぐに電話がかかってきた。
「今夜、会えない?」
という内容だったんだけどね。休みが今日までだから。
だが、ここでホイホイ出かけてはいけないので、丁重にお断りしておいた。
恋愛初期でやってはいけないことは多々あるが、直前の誘いに乗るのはかなりNGな行いだと私は思う。
最初は食事だけでも、関係が進むにつれ「今夜泊まっていかない?」になりえる。
そうしたら、どんな風俗よりも安上がりなサービスを生むことになってしまうじゃあーりませんか!

断ることは大切だが、その後のフォローはもっと大切だ。
「本当はご一緒したかったのですが・・・」
と、天地が割れるほど悔しそうに言う。
「今週はダメだけど、来週以降は大丈夫です♪また誘ってくださいね!!」
って希望を持たせる感じ。
「忙しいから」だけで終わらせるなんて、非常にもったいない。

たとえば、ここに1億円のダイヤのネックレスがあったとしよう。
あったらいいとは思うが、ローンを組んでまで買いたい人はごく一部。
「見るだけで、余は満足じゃ」って人が多数だろう。
理由は簡単、高すぎて生活に響くから。
では、10万円のダイヤならどうだろう?ちょっと頑張ってお金を貯めれば買えるので、
「欲しい」というテンションは、かなり上がるだろう。
恋愛だってこれと同じ。「無理めだけど、ちょっと頑張れば付き合えそう」
という雰囲気を醸し出す方が賢いと、最近は思う。

まとめ:恋愛のペースを握っているのは、彼じゃない。女性の反応である
[PR]
by 293renai | 2003-08-17 00:00 | 出会い活動