恋愛コンサルタントの橘つぐみは、回答の質を上げるために様々な男性とデートを重ねる。途中、パートナーの秋田美人と出会い、相談所を立ち上げ、彼とも幸せな関係を築いていく記録。


by 293renai
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2003年 08月 20日 ( 1 )

本日は知り合いの男性が結婚したので、二次会風のパーティーへ行く日。
様々な業種の人が来ているので、異業種交流会みたいなもんである。
交流会好きの私としては、聞いただけで血湧き肉躍る♪
気合いを入れるため、浴衣を着ていった。(地元のお祭りの日だったので、招待状に「浴衣でお越しください」と書いてあった)

出会い活動修行中の私としては、恋愛の法則を発見するいい機会であるので、あまり自分から男性に話しかけず、適度にウロウロしようと決意した。
誰とも話さないってことはないけど、一人の男性と2時間ずーっと話しているのは、時間の無駄になりますからね。
しかし、会場がものすごい狭いので、ウロウロするのが辛い(笑)。
人にぶつかって酒をこぼしたらマズイんで、ワインをチビチビ飲む方へと切り替えた。

「飲んでます?」

おっ、どこからともなく男性の声が♪
私は「飲んでますよ」といって、笑顔を返した。

この男性と会うのは二度目である。
多分、新郎の仕事関係の人・・・だったはず。
男性のわりに肌が白くてつるつるしているので「秋田美人」と命名することにしよう。
しばらくの間、秋田美人の他にバーテン風の男性、小鹿のバンビちゃんのように可愛い女性、私の4人で会話をする。
この秋田美人という男、最初会ったときはつまらん男だと感じたが、今日はなかなか面白い。
主に、恋愛の法則について会話をした。

バンビちゃんが「遠距離だから、彼氏と1年に数回しか会っていない」という話をする。
「何だって?それはイエス・キリスト症候群になるぞ。今すぐ新しい人探しなよ」
と、秋田美人はアドバイスをし、
「だいたいさぁ、会ってチョンチョンするのが楽しいのに、会えなかったら意味ないよ」
とも、しきりに唱えていた。
「秋田さん、何ですか『チョンチョン』って(笑)」
バーテン男は、しきりにうろたえていた。

私は、秋田美人に「イエス・キリスト症候群」とは何なのか聞いてみた。

どうも、長距離恋愛でありがちなパターンらしい。
「私には彼がいる」と思って、自分の心を満足するだけで彼に会わないと、彼の実体がなくなり、結局は「キリストは見てくれている」と思って生きている人と同じ心理になってしまう。
しかし、どんなに寂しくても、キリストが目の前に出てきて助けてくれるのではないのと同様に、彼と会うこともほとんどなくなると、付き合っている意味がなくなっていく。
これで、遠距離の人たちは別れるらしい。

あまりに真実をついていたので、愕然としてしまった。
こいつ、やるな・・・

出会い活動で恋愛話はNGだが、ここは異業種交流会。
しかも、みんな私が恋愛カウンセラーだということも知っているから、まぁいいか。
私も、調子に乗って自分の恋愛話などもジャンジャンしてしまった。

その2へ続く
[PR]
by 293renai | 2003-08-20 00:00 | 秋田美人との記録